-120℃の冷凍機

 

ただ今、準備中です。

超低温保冷庫(フリーザー)

超低温フリーザー画像
当社は、株式会社エイディーディー(静岡県沼津市、下田一喜社長、055-943-6371)様、株式会社トライアングル(鳥取県米子市、三好雅宏社長、0859-34-0602)様と超低温保冷庫(フリーザー)共同で開発します。

超低温保冷庫は、細胞保存用の超低温保冷庫(フリーザー)を中心に開発を進めており、冷媒に複数のフロンをブレンドし、マイナス150℃でも家庭用電源で駆動できるようにします。既に実験に入っており、実現の目途が立っております。

価格は200万円以下に抑えて、年間100台の販売を目指しています。

開発する保冷庫は、蒸気温度が違う複数の種類のフロンガスを一定の割合で使用し、熱交換器内部で液化と気化を繰り返す構造を基本としており、オゾン層を破壊する特定フロンは使用致しません。現状では、エイディーディー様で同様の構造で、マイナス120℃の超低温チラーの開発に成功しております。

ここで開発した技術を応用し、3社の冷凍技術のノウハウを結集してマイナス150℃の超低温の実現を目指しています。

現在あるフリーザーの多くでマイナス85℃以下になると三相200ボルト電源が必要なのに対し、今回開発している保冷庫は家庭用電源(100V-1φ)での駆動を目指し、導入後の電気工事が不要な製品になるなど、使い勝手を高めています。

まずはお問合せ下さい。

omousikomi

toriatukai

blog1b

Recommended

  1. 第5回湖西Neoテクノフェア2017出展のお知らせです。 …
  2. エスペック株式会社 様(大阪市)と株式会社新冷熱技研は、 …
  3. 7月に袋井市のお客様より「工作機械のオイルチラー(切削加工液…
  4. 先日(11月2日開催)『協立グループ展2017 in 静岡』…
  5. 急に秋がやってまいりました。 平素より御愛顧頂き誠に有難う…

メンテナンス実績

  1. 2017-11-8

    業務委託・請負契約を締結

    エスペック株式会社 様(大阪市)と株式会社新冷熱技研は、 平成29年10月12日付で業務委託・請…

イベント